日常世界でのロボットの活躍がなんとも言えない味わいを楽しめる漫画

「機動警察パトレイバー」はロボットが出演する漫画、アニメ作品の中でも一番好きな作品です。

今まで読んだエロ漫画の中では、夏のオトシゴ 漫画がすごく好みなんですが、それと同じくらい好きです。

ちなみに、アイスピックの夏のオトシゴの魅力は、元々は地味で目立たない眼鏡の女子高生に恋人ができて、初デートでのイメチェンをきっかけに綺麗になって、それが原因で他の男に狙われ寝取られる、NTR漫画な所です。

とても絵が綺麗で上手くて、エロシーンもたっぷりあって、興奮が収まらない内容で何度読んでも飽きることがありません。

少年サンデーで80年代後半から連載がスタートしたのですが、作者のゆうきまさみが若かりし頃友人達と楽しんでいたアニメの企画ごっこが元のアイディアとなったとされています。

そして氏の友人達も後に漫画、アニメの世界にプロとして参加していくのはすごいエピソードです。

物語は近未来の東京が舞台で、レイバーと呼ばれる人型の汎用作業機械が浸透している他は今の日本とほぼ同じ世界で、建築現場等での作業の効率化が進んだ半面、このレイバーを使用した犯罪も増加、取り締まる機関である警察の組織「特車二課」のメンバーが主人公達となります。

異星人と戦って世界を救うだ戦争するといったシリアスな世界観はなく、ただ日常世界での、東京の街並みでのロボットの活躍がなんともいえない魅力があるのです。

氏の絵柄もいい意味で抜けた絵でもあり、そこがこの作品の個性でもあるのです。

またOVAやテレビアニメ、映画、小説と多くのメディアでも活躍した作品で、90年代を代表することは間違いありません。


最初は見た目、後程内容で決めた漫画「天上天下」

大学生でお金もなくブックオフで立ち読みの日々に出会いました。

最初は見た目でただの少年向けのエロ漫画だろうと思って読み始めました。

巨乳のJKが寝取られる、NTRエロ同人誌・夏のオトシゴをアイスピック 漫画 無料立ち読みから読んでみました。

平たく言うと格闘漫画、はじめはヤンキー二人が統道学園が頂点をとる目的のものでよくあるものかと思いきや、いきなりシャワー室へ主人公の凪宗一郎が落下、そこで出会うのがヒロインの棗亜夜の裸との出会い(笑)。

男ならば興奮するところでしょう、しかし読者には残念ながら宗一郎はとても純粋でした(もちろん良い意味で)。

キャラクターとしても色々な体術、武器を使っていて、そこにも惹きこまれました。

宗一郎の親友のボブが途中からHシーン専用みたいになったことも可哀想だとも思いましたが、読者的にはご馳走様でした。

結局はまってしまい、古本屋で出ている巻をすべて購入、そして新刊が出るたびに我慢できずに買ってしまい、お金はないけども読みたい衝動には勝てませんでした。

残念ながら最終回を迎えてしまいましたが、作者の大暮維人さんが好きになり、本屋ではその人の作品を探し、またあるときはネットで18歳以上のものを買ったのを覚えています。

本当に内容・絵・キャラなどすべてが好きになった作品でした。


いつになったら完結するんだろう・・・「ファイブスター物語」

私は現在40代の主婦だけれども、高2の時から「月刊誌 ニュータイプ」で連載されているのが、「ファイブスター物語」です。

たびたび休載をしていたのですが、2004年に休止宣言。

ようやく2013年からぼちぼちと連載を再開して、現在も連載を続けています。

主人公は、不老不死の光の神「アマテラスの帝」とファティマ(人工知能生命体)である「ラキシス」の二人が主人公ではあるのですが、いろんな話に飛びまくるので、誰が主役という位置づけが難しいのが、この漫画を理解するのが難しいところでもあります。

それと、もうすでにどういうシナリオかというのが、単行本の後ろの年表で公開されているので、「あー、なんだー」とある程度はわかってしまうのですが、でも実際に読んでみないと分らないところではあります。

でも、あまりにもエピソードが多すぎるということと、休載回数が多かったことと、休止期間があった為、再開されたときに、いろんなものの名前が変わってしまっていて、一部の読者が理解できなくなったというちょっと読者には不親切な面もあります。

萌えるエロ同人誌、てくのみくす 漫画が立ち読みできます。

特にモーターヘッド(騎士が乗るロボット)が、「ゴティックメード」と、ファティマが「オートマティック・フラワーズ」と呼び方が変わっていて、デザインが変わっているのでびっくりしました。

作者の永野護氏は、「重戦機エルガイム」でメカニックデザインが高く評価されていましたが、漫画家として認められるのに時間がかかりました。

そして、ようやく「ファイブスター物語」が連載開始されて、ファンがついたのですが、あまりにも横道に流れ過ぎて、離れて行ったファンも多いし、永野氏も「たぶん長すぎて離れるファンはあるかもしれないけれど、僕の子孫が書き続けてくれることを願っています」というぐらい覚悟して書いているので、個人的には絵柄が好きで設定が細かいから、あまりこだわらずに読み続けています。

作者がどこまで描き切れるかというのも楽しみですし。

設定もどんどん変わると思いますが、それも面白い部分だと思います。


現代と過去が交わるファンタジー!「あまつき」

あまつきは一見、よくある江戸ファンタジーもの(タイムスリップ)に見えるのですが実は物語は現代にも繋がっていて新しい観点で読み進めていける漫画だと思います。

主人公である鴇が物語が進むに連れて現代社会に多い無気力な学生から自分で意志を持つ一人の人間として成長していく過程や各キャラクターの心理過程がとても共感できてファンタジー嫌いでなければ幅広い範囲で好まれるのではないかなと思います。

また、メインは江戸なのですが、主人公が元々いた現代でもまた伏線が貼ってあって読み進めていても飽きないストーリーになっています。

私が一番お勧めしたいのは、各キャラクターの個性が強くて可愛いこと。

キャラクターに日本古来の色の名前を使っていることもとても好感が持てます。
シリアスなシーンでも重くなりすぎず軽快に読める作品です。

また、江戸という浮世絵でもよく見られるファンタジーを好む時代の中が舞台なのがとても時代にリンクしていて楽しいなと思います。

エロいタイムスリップ漫画、紀元前1万年のオタ 無料で立ち読みしました。

原始時代にタイムスリップした男が原始人の女達とHしまくるシチュエーションが面白く大興奮です!


食わず嫌いしてたけど面白かった漫画、ジョジョの奇妙な冒険

時間つぶしにスマホでマンガを読むようになりました。

小学生の頃によんでいたリボンで掲載されていたマンガ、実家に置いてきたマンガ、連載終了と同時に手放したマンガなどを中心に楽しく読んでいます。

実は昔からずっと知っていたのにあの独特な絵が苦手で読んでいなかったマンガがあります。

ジョジョの奇妙な冒険です。

たまたま1巻目を無料で読めるキャンペーンに遭遇し、JOJOの第4部、ダイヤモンドは砕けない、を試し読みしてみました。

すっごく面白かったです。ビックリしました。名前だけは知っていたスタンドの事も理解できたし、なによりもキャラクター達が個性的で良かったです。

決して少女マンガには出てこない男性陣ですが、無料で読めた1巻に出てきたみんなはとっても魅力的でした。

苦手だと思っていた絵も全然そんな事なく読めたので、もっと早くに挑戦していれば良かったと思いました。

僕だけがいない街 漫画 スマホで無料試し読みしてみたしたが、この作品もすごく面白いんですよね。

連続殺人事件とか怖そうな話かと思ってたら、全然違っていて、サスペンス漫画ですが子供同士の友情とかも熱くて良かったです。


遊戯王ZEXAL ナンバーズというカードを巡る異世界人とのカードバトル漫画!

「遊戯王ZEXAL」はアニメ遊戯王シリーズにある遊戯王ZEXALのパラレル漫画です。

序盤はアニメと同じで主人公の遊馬とアストラルのナンバーズという特殊なカードを集める物語ですが、中盤からは漫画版オリジナルの敵が沢山登場し、圧倒的な絶望の神がラスボスという、アニメとは異なる展開をしており、ハラハラドキドキの、そして感動的な物語となっています。

可愛らしいコミカルな雰囲気でヒロインや謎の美女などの女の子は可愛く、主人公遊馬やライバル達は格好良く描かれており、カードバトル描写もアニメに負けず劣らずの迫力ある展開でカードバトルの説明もきちんとされているので、ルール分からなくても理解できる内容となっていて漫画だけでも楽しめます。

ストーリーもナンバーズカードを巡る、ラスボスの邪神に操られていた少年の話なんかは鬱になりそうなほどダークで暗いですが、だからこそ彼が立ち直り味方になった時は心強く、そして感動します。

漫画「遊戯王ZEXAL」はカードバトル漫画としての完成度すごく高い、私のオススメの一冊です。

完成度の高いCG集のエロ同人誌と言えば、ねむのやの作品も見逃せません。

濡れ透けJK雨宿りレイプと続編の濡れ透けJKその後しか発行されていませんが、絵のクオリティーの高さとシナリオの素晴らしさから、多くのファンを獲得している同人サークルです。

電子書籍化されているので、エロ漫画やエロ同人誌に興味ある人は無料立ち読みでチェックしてみてください。


進撃の巨人 謎につぐ謎 読者を予想屋にさせる凄い漫画

壁によって守られている世界。

巨人の脅威に怯える人類。

その巨人に立ち向かい、世界を広げようとする主人公たち。

単純に巨人VS人類の戦いの漫画なのかと最初は思いました。

しかしそのような要素はあるものの、物語の本質は全く別のところにありました。

単純に巨人が悪で人類が正義というわけでは無さそうなのです。

進撃の巨人の世界では、年代や文明が私たちの世界とは異なっています。

異質な世界で生きているけれど人類と呼ばれているのです。

一見遅れているように見える文明も、意図的にそうされているようですし、語られている歴史には矛盾点があるのです。

主人公のことを「悪魔の末裔」だと呼ぶ、敵陣のセリフにはしびれました。

同じように過ごしてきた仲間がある日突然巨人になったり、全く予想がつかないことが次々に起こるのです。

巨人が生まれた理由を知ることができれば、世界の謎に近づくと思うのですが、そう簡単ではありません。

読み終わったあとでも、この物語のことを考え続けることができる、自分なりのストーリーをいくつも予想することができる、そんな思考型の漫画だと思います。

物語りの結末後の展開をifストーリーで展開する、ねむのやの新作同人誌。濡れ透けJKその後も、エロくストーリー性があって素晴らしい同人誌です。

濡れ透けJ○雨宿りレイプが1作目になるんで、エロ同人に興味ある人は、DMM.18で探してみるといいですよ。


天野こずえのARIAは癒やされる作品

ARIAは、天野こずえ先生の漫画です。

これまで読んできたものの中で、これ以上に癒される作品はありません。

舞台となる世界は、テラフォーミングにより水の惑星AQUAと呼ばれるようになった未来の火星で、そこのネオベネツィアという街での出来事が描かれています。

主人公はゴンドラ乗り「ウンディーネ」を目指す水無灯里という少女で、彼女を中心としたほんわかした物語が展開されます。

友人たちとの心温まる交流や、夢を追いかけるひたむきな姿、憧れの先輩たちへの純粋な気持ち、ちょっとしたすれ違いからの仲直りでほっこりしたり、たまに起きる不思議な出来事などもキャラクターたちの素直なリアクションに癒されます。

何度もアニメ化もしており、原作の雰囲気がうまく映像化されていました。

ゲーム化もされていますが、こちらはちょっと原作と雰囲気が違うので注意が必要です。

漫画でのラストは人によって評価が分かれるところかもしれません。

少なくとも私は、なるほどこういう終わり方もあるなと、納得しました。

癒しを求めている人にはオススメのコミックです。