矢野派と竹内派がまっぷたつ!恋愛かつ人生のバイブル「僕等がいた」

大学の時に、きゅんきゅんしながら読み漁った「僕等がいた」は、
未だに読み返しても感動する作品です!!

高校生の七美と、クラスの人気者の矢野の、
よくあるラブストーリーかと思いきや、それだけではなく。
矢野に暗い過去があり、その過去を乗り越えたと思いきや、
ずっとその過去を取り巻きながら二人の恋愛が動いていきます。

爽やかな高校生のきゅんきゅんする恋愛だけでなく、
自分の生き方や、大切な人との関わり方を考えさせられます。
大切な人のために何が出来るんだろう?自分のしてることは正しいのか?
それは過去になってみないと分からないけれど、
七美たちは、必死に考えて、向き合って、沢山傷つきます。
それは大学生になっても、社会人になっても変わらず、
大人になって、ようやく彼女たちは答えを出します。
人を大切に思う気持ちって素敵ですよね。
それぞれの気持ちに感情移入しながら、とにかく号泣しながら読破しました。(笑)

恋愛漫画的なところでいうと、読者の中では、
「クラスの人気者で、いわゆるモテ男の矢野」と
「暖かく穏やかで、いつも見守ってくれる竹内くん」の
どっち派かで意見が真っ二つに!
どちらも本気で七美のことを想い、本当に選べないですが、
分かりやすく言うと、結婚するなら竹内くん、彼氏なら矢野、でしょうか。
でもなんだかんだ私は、言葉に出してまっすぐいてくれる矢野が好きです(笑)”

透明人間にエッチなことをされちゃうエロマンガって興奮しますよね。

むちぷりの巨乳JKでグラドル顔負けの可愛い妹・美琴に透明人間になる薬を飲んだ兄がエロエロな悪戯をする、まろん☆まろんの同人誌には、大興奮です!
何かいるっ!!!~透明人間にイカされまくる幼妻!~