いつになったら完結するんだろう・・・「ファイブスター物語」

私は現在40代の主婦だけれども、高2の時から「月刊誌 ニュータイプ」で連載されているのが、「ファイブスター物語」です。

たびたび休載をしていたのですが、2004年に休止宣言。

ようやく2013年からぼちぼちと連載を再開して、現在も連載を続けています。

主人公は、不老不死の光の神「アマテラスの帝」とファティマ(人工知能生命体)である「ラキシス」の二人が主人公ではあるのですが、いろんな話に飛びまくるので、誰が主役という位置づけが難しいのが、この漫画を理解するのが難しいところでもあります。

それと、もうすでにどういうシナリオかというのが、単行本の後ろの年表で公開されているので、「あー、なんだー」とある程度はわかってしまうのですが、でも実際に読んでみないと分らないところではあります。

でも、あまりにもエピソードが多すぎるということと、休載回数が多かったことと、休止期間があった為、再開されたときに、いろんなものの名前が変わってしまっていて、一部の読者が理解できなくなったというちょっと読者には不親切な面もあります。

萌えるエロ同人誌、てくのみくす 漫画が立ち読みできます。

特にモーターヘッド(騎士が乗るロボット)が、「ゴティックメード」と、ファティマが「オートマティック・フラワーズ」と呼び方が変わっていて、デザインが変わっているのでびっくりしました。

作者の永野護氏は、「重戦機エルガイム」でメカニックデザインが高く評価されていましたが、漫画家として認められるのに時間がかかりました。

そして、ようやく「ファイブスター物語」が連載開始されて、ファンがついたのですが、あまりにも横道に流れ過ぎて、離れて行ったファンも多いし、永野氏も「たぶん長すぎて離れるファンはあるかもしれないけれど、僕の子孫が書き続けてくれることを願っています」というぐらい覚悟して書いているので、個人的には絵柄が好きで設定が細かいから、あまりこだわらずに読み続けています。

作者がどこまで描き切れるかというのも楽しみですし。

設定もどんどん変わると思いますが、それも面白い部分だと思います。


矢野派と竹内派がまっぷたつ!恋愛かつ人生のバイブル「僕等がいた」

大学の時に、きゅんきゅんしながら読み漁った「僕等がいた」は、
未だに読み返しても感動する作品です!!

高校生の七美と、クラスの人気者の矢野の、
よくあるラブストーリーかと思いきや、それだけではなく。
矢野に暗い過去があり、その過去を乗り越えたと思いきや、
ずっとその過去を取り巻きながら二人の恋愛が動いていきます。

爽やかな高校生のきゅんきゅんする恋愛だけでなく、
自分の生き方や、大切な人との関わり方を考えさせられます。
大切な人のために何が出来るんだろう?自分のしてることは正しいのか?
それは過去になってみないと分からないけれど、
七美たちは、必死に考えて、向き合って、沢山傷つきます。
それは大学生になっても、社会人になっても変わらず、
大人になって、ようやく彼女たちは答えを出します。
人を大切に思う気持ちって素敵ですよね。
それぞれの気持ちに感情移入しながら、とにかく号泣しながら読破しました。(笑)

恋愛漫画的なところでいうと、読者の中では、
「クラスの人気者で、いわゆるモテ男の矢野」と
「暖かく穏やかで、いつも見守ってくれる竹内くん」の
どっち派かで意見が真っ二つに!
どちらも本気で七美のことを想い、本当に選べないですが、
分かりやすく言うと、結婚するなら竹内くん、彼氏なら矢野、でしょうか。
でもなんだかんだ私は、言葉に出してまっすぐいてくれる矢野が好きです(笑)”

透明人間にエッチなことをされちゃうエロマンガって興奮しますよね。

むちぷりの巨乳JKでグラドル顔負けの可愛い妹・美琴に透明人間になる薬を飲んだ兄がエロエロな悪戯をする、まろん☆まろんの同人誌には、大興奮です!
何かいるっ!!!~透明人間にイカされまくる幼妻!~


食わず嫌いしてたけど面白かった漫画、ジョジョの奇妙な冒険

時間つぶしにスマホでマンガを読むようになりました。

小学生の頃によんでいたリボンで掲載されていたマンガ、実家に置いてきたマンガ、連載終了と同時に手放したマンガなどを中心に楽しく読んでいます。

実は昔からずっと知っていたのにあの独特な絵が苦手で読んでいなかったマンガがあります。

ジョジョの奇妙な冒険です。

たまたま1巻目を無料で読めるキャンペーンに遭遇し、JOJOの第4部、ダイヤモンドは砕けない、を試し読みしてみました。

すっごく面白かったです。ビックリしました。名前だけは知っていたスタンドの事も理解できたし、なによりもキャラクター達が個性的で良かったです。

決して少女マンガには出てこない男性陣ですが、無料で読めた1巻に出てきたみんなはとっても魅力的でした。

苦手だと思っていた絵も全然そんな事なく読めたので、もっと早くに挑戦していれば良かったと思いました。

僕だけがいない街 漫画 スマホで無料試し読みしてみたしたが、この作品もすごく面白いんですよね。

連続殺人事件とか怖そうな話かと思ってたら、全然違っていて、サスペンス漫画ですが子供同士の友情とかも熱くて良かったです。


孕ませ合法化っ!!!まろんまろんのエロ同人誌

「孕ませ合法化っ!!!」まろん☆まろん。過激なレイプエロ漫画のスマホ版。

国がレイプを合法化したことで、街中の女性達が男達に孕ませレイプされまくる子作りレイプエロ漫画です。

爆乳の美少女・美女達が電車内や街中で犯されまくっている姿は圧巻!

職場のテレビをなにげなく見ていると、子作りを目的としたレイプを合法化する条例が試験的に実地されることになったと言うニュースが流れていた。

そうは言っても、周囲の人々はいつもと変わらぬ生活を送っていて、レイプが合法化されたなんて信じられない。

しかし、その翌日にニュースが現実であると知ることになる。通学電車に乗っていると、偶然、警察官の主人公が助けたカトリック系の女子校生と再会する。

ちょっと会話をしていると、周囲で騒いでいる声が聞こえてきた。そちらの方を見ると、男が列車内で女性を痴漢している所だった。

国がレイプを認めてるんだから女を犯しても罪にならないと言いながら、皆が見ている前で女を強姦し始める。

男の行為に触発されるように、周りの男達が電車内で女達をレイプし始めた。突然に出来事に恐怖したJKは、警察官に助けを求めるような視線を送る。

その表情に欲情し勃起してしまったことが彼女にバレて失望させてしまった。

それなら開き直るしかないと、JKを堂々とレイプすることに―。

催眠暗示で人妻やJKを陵辱する、REDLIGHT(レッドライト)のエロ漫画「秘密の催眠療法」もおすすめです。


「岳-みんなの山‐」 山好きだけでなくみんなが楽しめる山岳ヒューマンストーリー

この作者の人物描写が好きで、完結するまで愛読していました。

岳は、山好きだけでなく、すべての方がそのストーリーの魅力にはまるかもしれませんね。

山は一つのフィールドとして描かれているのですが、作品の最大の魅力は登場人物の人間力とその描写、そしてそれにまつわるストーリーだと思います。

山の楽しい部分だけでなく、怖い部分など、一般的に山に登ることがない人には無縁な部分についてもしっかりと描写しており、その上での登場人物の心の在り様や生き様が描かれています。

とにかく明るい前向きな主人公の心の奥底にある、暖かさと強さを読み進めていく内に感じていけるようになり、自分への応援歌のように投影してしまうこともしばしばでした。

老若男女ともにおススメできる作品ですが、大人にこそ観て頂きたい一作です。

当方は登山も稀に言っていますが、未経験の方でも本作を読んだ後、もしかしたら山に興味が出てくるかもしれませんね。


お嬢様は運転手にハマる

久しぶりに少女マンガらしい作品を読みました。

石原ケイコさんの「お嬢様の運転手」です。

舞台は大正時代、女学校でみんなの憧れの的である主人公のお嬢様さやかと、彼女専属の運転手である鳴滝の身分違いの恋物語です。

年齢を重ねてくると恋愛ものの少女マンガはだんだんと読まなくなり、最近はずいぶんご無沙汰していましたが、久しぶりに読んだこの作品がことのほか面白くてすっかりハマってしまいました。

まず、主人公のさやかが美人なのに男まさりのサバサバした口の利き方と態度であることがとても魅力的です。

そして鳴滝がさやかを好きなのが冒頭からすでに明らかなのに、さやかがちっとも気づいていないところが笑えます。

いわゆる主従ものは初めて読みましたがステキですね。

鳴滝が本当にかっこいいです。

身分の違いゆえに待ち受ける困難も多いのですが、最後に二人が結ばれてハッピーエンドで終わるところも良かったです。

予想外のハッピーエンドで終わる、濡れ透けJKその後。

ぬれすけjk雨宿りレイプの続編ですが、バス停で知り合った優しそうなおじさんに犯されたおじさんとラブラブな関係になるお話で読後感が良く読み終えました。

ABCルートありますが、このラブラブHなCルートの結末が一番良かったです。


クリムゾンの漫画 クリムゾンプリズン

屈辱の陵辱ゲーム開幕!

「クリムゾンプリズン~イカされたら敗北、屈辱ゲームに参加させられた女たち~」

人気同人サークル兼エロ漫画家のクリムゾンの陵辱ゲームエロ同人誌です。

イクことを我慢できれば勝利、負けたらエッチな罰ゲームを受けるリアルなテレビショウに参加させられる、悠里ともか・二階堂サラ・泉マヤ。

敏感に反応してしまう身体を必死に抑えてイクのを我慢しようとしている恥辱にまみれた女性達の姿がHでそそられるアダルトコミックです。

クリムゾンプリズンのストーリー

女子アナの悠里ともかは、友人と3人で外食中に薬を盛られ昏睡。

そのまま拉致され、監禁された先は「エクスタシーSHOW」の舞台。

ここは、政財界の大物だけが視聴できる会員制のリアルなテレビショウ。

そのゲームの挑戦者に選ばれてしまったのだ。

これから行われるゲームに一つでもクリアできれば全員で脱出することができるが、負けたら罰ゲームが待っている。

ともかと共にテレビショーに参加するのは、お嬢様タレントの二階堂サラと女格闘家の泉マヤ。

彼女達は、エクスタシーSHOWのゲームに勝利し無事にここから脱出できるのか!?

陵辱系の同人誌が好きな人なら、ねむのや その後 無料で立ち読み。


遊戯王ZEXAL ナンバーズというカードを巡る異世界人とのカードバトル漫画!

「遊戯王ZEXAL」はアニメ遊戯王シリーズにある遊戯王ZEXALのパラレル漫画です。

序盤はアニメと同じで主人公の遊馬とアストラルのナンバーズという特殊なカードを集める物語ですが、中盤からは漫画版オリジナルの敵が沢山登場し、圧倒的な絶望の神がラスボスという、アニメとは異なる展開をしており、ハラハラドキドキの、そして感動的な物語となっています。

可愛らしいコミカルな雰囲気でヒロインや謎の美女などの女の子は可愛く、主人公遊馬やライバル達は格好良く描かれており、カードバトル描写もアニメに負けず劣らずの迫力ある展開でカードバトルの説明もきちんとされているので、ルール分からなくても理解できる内容となっていて漫画だけでも楽しめます。

ストーリーもナンバーズカードを巡る、ラスボスの邪神に操られていた少年の話なんかは鬱になりそうなほどダークで暗いですが、だからこそ彼が立ち直り味方になった時は心強く、そして感動します。

漫画「遊戯王ZEXAL」はカードバトル漫画としての完成度すごく高い、私のオススメの一冊です。

完成度の高いCG集のエロ同人誌と言えば、ねむのやの作品も見逃せません。

濡れ透けJK雨宿りレイプと続編の濡れ透けJKその後しか発行されていませんが、絵のクオリティーの高さとシナリオの素晴らしさから、多くのファンを獲得している同人サークルです。

電子書籍化されているので、エロ漫画やエロ同人誌に興味ある人は無料立ち読みでチェックしてみてください。


進撃の巨人 謎につぐ謎 読者を予想屋にさせる凄い漫画

壁によって守られている世界。

巨人の脅威に怯える人類。

その巨人に立ち向かい、世界を広げようとする主人公たち。

単純に巨人VS人類の戦いの漫画なのかと最初は思いました。

しかしそのような要素はあるものの、物語の本質は全く別のところにありました。

単純に巨人が悪で人類が正義というわけでは無さそうなのです。

進撃の巨人の世界では、年代や文明が私たちの世界とは異なっています。

異質な世界で生きているけれど人類と呼ばれているのです。

一見遅れているように見える文明も、意図的にそうされているようですし、語られている歴史には矛盾点があるのです。

主人公のことを「悪魔の末裔」だと呼ぶ、敵陣のセリフにはしびれました。

同じように過ごしてきた仲間がある日突然巨人になったり、全く予想がつかないことが次々に起こるのです。

巨人が生まれた理由を知ることができれば、世界の謎に近づくと思うのですが、そう簡単ではありません。

読み終わったあとでも、この物語のことを考え続けることができる、自分なりのストーリーをいくつも予想することができる、そんな思考型の漫画だと思います。

物語りの結末後の展開をifストーリーで展開する、ねむのやの新作同人誌。濡れ透けJKその後も、エロくストーリー性があって素晴らしい同人誌です。

濡れ透けJ○雨宿りレイプが1作目になるんで、エロ同人に興味ある人は、DMM.18で探してみるといいですよ。


風光る 新選組の少女漫画

風光るは、月刊フラワーズ(小学館)にて連載中の少女漫画です。

この作品は新選組神谷清三郎が壬生浪士組(後の新選組)に入隊する所から話が始まる。

実はこの主人公は男装している女性で本名は富永セイという。

兄と父を殺害した浪士の仇を取る為に入隊したのだが、沖田総司に女性であることが知られてしまう。

初めは侮っていた部分もあるが、沖田総司の事を知るにつれて彼に惹かれてしまうという一見ありがちなストーリの様に見える。

しかし、この作品の見所はなんといっても作者である渡辺多恵子が調べ上げた史実への拘りが随所で見られる所だろう。

フィクションの漫画では都合よく男装は見破られないが、この漫画の場合あえて主人公が女性である事が何回か見破られそうになる。

その時の誤魔化し方が当時の時代ならではのものとなっており読者も納得する展開となっている。

コミックの巻末漫画で連載当初は歴史を調べずに漫画を描こうとしていたそうだが、それではいけないと思い歴史を徹底的に調べ上げたとある。

巻末漫画での解説コーナーは必見で、幕末時代の勉強にもなり大変面白い内容となっている。

有名な小説家、司馬遼太郎があえて史実とは異なる描写をした事により広がった誤解についても触れていた事もある。

ただ、やはり漫画なので主人公を含めたオリジナル部分も存在する。

またフラワーズにて描いた登場人物の服装を誤解して描いた場合は、コミックにて訂正しているという拘りよう。

第48回(平成14年度)にて小学館漫画賞を受賞したのも納得の漫画でもあるので、是非一度は読んで貰いたい漫画の一つです。