ちょっと変わったホラー漫画「横浜神仙物語」が熱い

最近読んで面白いと思ったホラー漫画。
それは三原千恵利先生の「横浜神仙物語」です。
現在コミックスは「ベストコレクション」として3巻まで発売されています。

ちなみに、この前読んでエロいと思ったのは、「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
スマホで読めるエロ漫画で、鳩こんろさんという作者が描いています。
絵がとても可愛くて、ヒロインの二人がとても美人です。ボロアパートで同棲生活を始めることになり、巨乳大家さんとエロい美人女優と、Hしまくる所が最高の作品です。

三原千恵利先生の名前を聞いたことがないという方にも是非おすすめしたいのが、この「横浜神仙物語」なのです。

ストーリーは、仙術医の保生と、その保生の弟子である鹿男が織りなすドタバタコメディーです。
様々な事件に巻き込まれますが、その事件のきっかけやら発端がホラー色の強いものとなっています。

タイトルに「神仙」とあるように、中国の仙術がモチーフとなっており、他にあるホラー漫画とは一味違う内容になっています。

おすすめポイントは、見鬼という可愛らしい少年や、長髪美形の導士さまといった魅力的なキャラが多数出てくるところです。
勿論主人公の保生もちょっと天然ですがイケメンキャラです。

舞台が中華街なので、漫画を読んでいるうちに横浜中華街に行きたくなるような要素もつまっています。

クールでシンプルな絵柄、魑魅魍魎のリアルな描写も見どころです。

コミックスは通販で購入できますので、是非手にとって読んでみてください。